漫画

【超おすすめ】惑星のさみだれがスゲー面白い。これは大人のための少年漫画

個人的好きな漫画のトップ3に入る「惑星のさみだれ」という作品がめちゃくちゃ面白い!

ひとことで言うならば「大人のために描かれた熱い少年漫画」。シンプルで王道なストーリーながら目が離せない展開、個性的ではないけど人間臭くて愛せるキャラたち。大人が読んでも熱く心に刺さる作品です!

同じ作者の別作品もおすすめ。

「惑星のさみだれ」とは

少年画報社の「ヤングキングアワーズ」で2005年〜2010年に連載していた作品。アワーズといったら、「ドリフターズ」「それでも町は廻っている」なんかが有名でしょうか。

作者は水上悟志氏。アニメ「プラネット・ウィズ」の脚本担当もされていた方。

全10巻+1話で完結なのでめちゃ読みやすいです!完結後のエピローグが1話分あり、同じ作者の短編集「ギンガサンダーの冒険」に入ってます。この漫画もおすすめ。

あらすじ

ストーリーはめちゃわかりやすく王道です。地球を破壊したい超能力使い VS 地球を守る特殊能力者たち

これだけの説明だとなぜそんな人気なの?って感じですよね。ここにさらに、別の目論見が加わります。

特殊能力者たちの主人である姫と主人公も地球破壊を企んでる。味方として戦いつつ、最後には敵になるという構造が序盤で明かされ、そこからはもう先の展開が気になってしょうがなくなります。

ちなみにwikiはこんな感じ。

主人公の雨宮夕日は、ある朝、言葉を喋るトカゲから世界を救う騎士の1人として選ばれたことを告げられる。最初は無関心な夕日だったが、敵である魔法使いが生み出した泥人形の襲撃を受ける。死を覚悟したその時、守るべき姫である朝日奈さみだれに救われ、更に常人ならざるさみだれの気概に触れたことで彼女に忠誠を誓う。ここにひとつの主従が生まれ、この時から夕日の戦いが始まった。

 

“かっこいい大人”と”憧れる子供”

この作品には多くのかっこいい大人と、彼らに憧れ成長していく子供が出てきます。

主人公「雨宮夕日」が憧れる「東雲半月」は、気さくで陽気な面倒見の良い兄貴分。「大人が笑うのはな 大人は楽しいぜって子供に羨ましがられるため」「強くなるってのは自分の無力さを知ることと同義だ 自分の無力を呑み込め

こんな中二心に刺さるセリフをたくさん残します。暗い過去の経験から他人・大人を信用しなくなっていた夕日は、彼に憧れていきます。

また、特殊能力を持つ人間たちの一人「茜太陽」。彼も家庭の環境から大人へ心を閉ざしていましたが、主人公「雨宮夕日」とそのライバル「東雲三日月」に憧れるようになっていきます。

登場人物たちは「かっこいい大人」に憧れ、彼らのようになりたいと努力し、また年下から見たら自分たちも「大人」なのだと気付くことで成長していきます。

ギャグとシリアスのバランスの良さ

地球の未来をかけた戦いでも、戦闘以外は普通の学生の生活なんかを描いているゆるさw。また戦闘中も、緊張感ある戦いの中に所々ギャグが散りばめられていたり。特殊能力者たちのバトルものなのに、親しみやすく気を張らずに読めます。でも、泣かせるところではしっかり泣かせ、魅せるシーンではくそかっこよく魅せる。この緩急、「シリアスとギャグの絶妙なバランス」がこの作品や水上悟志氏の漫画の魅力です。

こういった「バランス」は物語内ではもちろん、キャラにも絶妙に生きています。7巻で、かっこよくあろうとしたけど失敗した夕日に対して、ノイが言う「かっこいいだけではかっこ悪かろう 夕日 今のお前は十分かっこいいぞ」 というセリフ。

かっこよすぎないから、なんだか親しみやすい。だからこそ誰かに憧れられる、地に足ついたキャラクター。この作品に出るキャラはみんな、そんな人たちです。

全10巻で綺麗に完結

この漫画は10巻で終わります。終わり方もこれ以上ないくらい、きっちり描き切って大団円で幕を閉じます。「ダレることなく、10巻を駆け抜けた」ことが、完結後も評価され続ける理由なのでしょう。

序盤で話が掴めなかったり、主人公が苦手で離脱する人もいると聞きます。ただある程度読み進めれば、キャラも増え、主人公もどんどん熱い良いやつになっていきます。中盤以降は話も加速していくので、そこまでいけばラストまで一気に読めると思います。

まとめ

子供から大人、おじいさんまで幅広い年齢のキャラが出てきます。そしてそれぞれに見せ場や成長がある。読む人の年齢によって作品の見え方・刺さるセリフも変わってくるかもしれません。それもこの作品の魅力。

そして、それでも! 学生でも大人でも、読んだらめちゃ熱くなれる作品でもあります!全10巻、刺さる人にとっては「人生の一冊」にもなりうる作品だと思っています。

興味ある人はぜひぜひ、読んでみては!

ABOUT ME
ポン助
本業:ウェブ屋さん。3度の飯と映画が好き。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です