スタイル

初めてのスキンヘッドに必要な道具、手順を紹介

男にはスキンヘッドになるタイミングがありますよね。薄毛や若ハゲで悩んでいるようなら、AGAクリニックに行くのももちろんですが、割り切ってスキンヘッドにするのもめちゃアリです。余計な悩みに割く時間が減って、有意義に過ごせますからね。

いざスキンヘッドにする時の必要なもの・日々のメンテナンスについて、スキンヘッド歴10年の経験から色々まとめてみました。参考になれば幸いです!

●用意すべきものと無くてもよいもの

用意すべきもの

・バリカン(ハサミでもOK。最初だけ必要)
・シェーバー(カミソリでも可)

最初からカミソリやシェーバーは使いにくいので、まずはバリカンで坊主にしましょう。最終的にスキンヘッドにするなら、バリカンではなくハサミで適当に短くするのでも大丈夫。

短くしたら、シェーバーで剃ります。普通に髭剃りで使うやつでOK。使うシェーバーはフィリップスがおすすめ。しょっちゅう剃っていると頭皮も強くなってくるが、最初はあまり強くないので、皮膚を傷つけにくいフィリップスが一番。

カミソリで剃っている人もいるけど、シェーバーがおすすめ、フィリップスがおすすめ。なれていないうちにカミソリ使うと、頭皮をバサッと切ってしまうかもしれない。あとシェーバーの方がおそらく早く剃れるので。

特別気にしないで良いもの

・保湿クリームとか、薬系のケア用品
・特別なシャンプーとか

逆に必要かなと思っていたけど必要なかったものだと、頭皮のケア用品。保湿クリームとか、最初のうちは無くても良いかなと。ただ乾燥でフケが出るようなら、対策として使うのはあり。

またシャンプーも特別なものは必要なし。ただ頭を洗うのをおろそかにすると、乾燥やフケの原因になるので、体洗うのと一緒にボディーソープで洗っちゃうよりかは、ちゃんとシャンプー使う方が良いです。頭皮の汚れしっかり落とすとか、フケ対策とか、そういったシャンプーがおすすめ。

手順

慣れれば髭剃り感覚でできるスキンヘッドも、最初の1回目は段階を踏んでやった方が良いです。

・まず一度、坊主か短髪にしよう
・休みの前日に実行しよう
・シェーバーを使おう

まず一度、坊主か短髪にしよう

まず一度短髪や坊主にしましょう。周囲の人や自分自身がその髪型に慣れてきてから、さらにスキンヘッドにすることで、イメージのギャップを防ぐことができます。会社だと、実際に仕事に影響なくてもやっぱり避けられるもの。なんか面倒なこと言われないためにも、短髪・坊主というイメージを先につけておくのが大事です。

坊主にしたらなんか納得いって、「スキンヘッドにはしなくていいや〜〜」ってなることもあります。坊主にしないで一気にスキンヘッドにして後悔することもあるかもしれませんしね。

休みの前日に実行しよう

坊主に慣れたら、ついにスキンヘッド。初めて剃る時は頭皮がカミソリに慣れていないので、終わった後めちゃヒリヒリします。あと鏡見て「誰だこれ!?」って衝撃受けたりもするので、休みの前日とかにやるのがおすすめ。

シェーバーはフィリップスがおすすめ

カミソリでもスキンヘッドにはできますが、時間かかるし慣れてないと危険。最初にやる時はシェーバーを使いましょう。普通の髭剃りとかで使うやつで大丈夫です。上でも書いたけど、おすすめはフィリップス。

シェーバーだとラムダッシュやブラウンなんかもありますが、皮膚を傷つけないって点ではフィリップスが一番向いています。シェーバーの刃も3つの円形の回転刃なので、頭の形にフィットして慣れていなくてもめちゃ剃りやすいです。

メンテナンス

スキンヘッドのメンテナンスはこんな感じ。とにかく清潔感を保つことを重視していれば大丈夫です。

・剃る頻度
僕は3日に一回程度、人によっては毎日の人も。ヒゲと同じで、中途半端に伸ばすと浮浪者みたいな清潔感のない印象になるので注意。

・頭皮ケア
頭皮のケアを雑にするとフケの原因になるので、ケアはしっかり。シャンプーでしっかり洗うほか、切れ味の悪いシェーバー使うのも良く無いので、その辺のメンテナンスもしっかり。乾燥対策として保湿液を使うのも良いですが、乾燥が気になるーと感じてからで良いかと思います。

・季節による違い
夏と冬でメンテナンスのやり方を変えることはないです。ただ過ごし方は気をつける必要があり、夏は日焼けに注意、冬は防寒に注意が大事。

・ニキビ
おでこのニキビは髪で隠せないぶん目立つので、しっかり洗顔して防ぐのが良いです。

・眉毛
スキンヘッドは眉毛ちゃんと整えるだけでめちゃイメージ変わります!

created by Rinker
GATSBY(ギャツビー)

まとめ

スキンヘッドに踏み切るにはなかなか勇気入りますよね。ただ、実際やってみると抜け毛の悩みから解放されて、本当に精神的に楽!

勢いで剃って後悔することもあるかもしれないので、悩んでいる人は、まずは坊主や短髪から始めてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
ポン助
本業:ウェブ屋さん。3度の飯と映画が好き。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です